暖かくなるのは嬉しいですが紫外線が気になります。

紫外線から守るため、肌のにケアをしている方は多いかと思いますが、
髪の毛はケアしていますか?

紫外線はお肌だけでなく、髪や頭皮にもダメージを与えます。
また、春は紫外線以外に、花粉や黄砂などにも注意が必要です。

そこで今回はアケアに関してのお話です。

髪にダメージを与えるのは何?

まずはこの時期は「紫外線」と「花粉や黄砂」です。

紫外線

一般的に、紫外線量は夏にピークを迎えますが、
基本的に季節を問わず紫外線はあります。
特にこの4~5月からどんどん増えていきます。

肌と同じく、頭皮も紫外線によって日焼けをするので、
それによりフケやかゆみ、抜け毛のリスクが高まります。

また同時に、髪を保護している
キューティクルがダメージを受けることで、
潤いが保てなくなり、髪のパサつきや
切れ毛、枝毛ができやすくなります。

花粉や黄砂

春の風に乗って、花粉や黄砂、
地面の土などが空気中に舞い上がります。

これらが髪に付着すると、髪を汚すだけでなく、
頭皮の毛穴を詰まらせる原因になり
頭皮の新陳代謝が低下する可能性があります。

それによって、髪のサイクルが乱れて
頭皮のかゆみの原因となったり、
髪がボサボサと広がりやすくなってしまいます。

 

始めよう!髪や頭皮のトラブル対策!

「帽子」で紫外線対策!
髪や頭皮は高い位置にあるため、
いちばん紫外線を受けやすい場所。
そこで活用していただきたいのが「帽子」です。

帽子をかぶるだけで
手軽に頭皮や髪をカバーできますが、
実は「色」や「つば」なども対策のポイントになるのです。

春は、イベントやレジャーに出かける機会も増えてきますから、
普段帽子をかぶらない、という方も
オシャレも兼ねて、帽子で紫外線対策もいいですね。

おススメな帽子

・紫外線を吸収して通しにくい「黒色」。

・カットする範囲の広い「つばが10cmほどのもの」 。

・隙間から紫外線を通さないために「織りや目が細かいもの」 。

UVカット加工が施されている帽子もいいですね。

花粉や黄砂は、シャンプーの前に、「ぬるま湯」で落とそう!

花粉や黄砂、地面の土が髪に付着した状態でシャンプーをすると
摩擦が増して髪に余計なダメージを与えます。

「ぬるま湯」で髪についた汚れを2分程を目安に落としてからシャンプーをしましょう。

洗髪する時は、頭皮の毛穴にも皮脂や汚れが詰まっているので
頭皮をもむようにマッサージをして頭皮の汚れも落としましょう。
頭皮を上に引っ張るように少し力を入れてマッサージすると
フェイスアップにもなります(^○^)

40度以上のお湯は髪や頭皮の負担となる可能性があるので、
少しぬるく感じる38度くらいが髪に優しい温度です。

 

髪を洗ったあとは、自然乾燥は禁物!

濡れたままの髪は雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因にもつながります。
また、髪は濡れるとキューティクルが開きダメージを受けやすい状態になるので
ドライヤーで乾かしましょう。
そして、ドライヤーでの乾かし方にもコツがあります。

肌はもちろんですが、
顔の一部とも言われている「髪」にも、ツヤがほしいですよね。

ツヤツヤの髪は、若々しく、清潔感がある印象を受けますが、
パサついている傷んだ髪は、ボサボサしやすく、老けて見えてしまうことも。。。

「髪(特に、毛先!)のパサつき」にお悩みの方は必見!

ドライヤーの使い方を意識するだけで
ツヤツヤの髪を手に入れる方法をご紹介いたします。

髪のツヤは何で決まる?

さて、「髪のツヤ」は何で決まるかご存じですか?

髪の毛は、1本1本が下記のイラストのように3層の構造になっており、
外側から、
毛表皮(もうひょうひ)、
毛皮質(もうひしつ)、
毛髄質(もうずいしつ)
となっています。

※毛表皮はキューティクルとも呼ばれています。

髪にツヤを与えてくれるのは、外側の毛表皮(キューティクル)と、その内側の毛皮質です。

「毛皮質」は、水分やタンパク質を含み、
その水分やタンパク質は、
最も外側の毛表皮(キューティクル)によって守られています。

キューティクルは、髪の根元から、毛先に向かって
魚のウロコ状に重なり合い、層状になっています。

しかし、このキューティクルはヘアカラーやパーマ、紫外線のダメージや
摩擦や熱などの外的刺激にとても弱く、表面からはがれたり、隙間がでてしまいます。

キューティクルがダメージを受けると髪の表面がガサガサになってしまうため、
見た目が悪くなり、髪の水分やタンパク質を保つことができなくなり髪を傷めてしまいます。

キューティクルを傷める原因には、カラーやパーマ、紫外線などの
強い刺激もありますが、実は、毎日の「ドライヤー」で
髪を傷めているのかも。。。

髪の「乾かし方」がツヤのカギ?!

髪が濡れているときは、キューティクルは開いた状態になっています。

そのまま自然乾燥させると、キューティクルが開いたままで
ガサガサの状態で乾いてしまい、髪はさらに傷みやすくなります。

正しい乾かし方でキューティクルを傷めずに良い状態に整え、
ツヤ髪に変わります!

今から紹介する3つのポイントを意識して、
早速今日から試してみましょう!(^O^)

ドライヤーの前に、しっかりとタオルドライ!

髪を洗った後、
すぐにドライヤーで髪を乾かし始めていませんか?

髪は、ドライヤーの熱によっても傷みやすくなります。

まずはタオルでしっかりと余計な水分を拭き取り、
ドライヤーの時間を短くすることが大切です。

このとき、タオルをこするようにして髪をゴシゴシ拭くと、
髪同士の摩擦が原因でキューティクルを傷めてしまいます。

ポンポンとやさしく押さえるように水気を拭きとって、
タオルドライしましょう。

2.
流さないトリートメントなどを髪全体に塗ってから
根元→毛先の順に乾かし、
ドライヤーと髪は10cm以上離す!

まずは、髪の根元に指を入れて小刻みに動かしながら、
温風を送り入れて乾かします。

ドライヤーが髪に近すぎると髪の表面温度が高温になるため、
必要以上に水分が抜けてしまい、
傷みやパサつきの原因になります。

ドライヤーを髪から10cm以上離すことで、
適度な温度を保つことができますので、
近づけすぎないようにしましょう。

(温風と冷風を交互にしてドライヤーで乾かす方法でもOK)

なお、毛先は乾きやすいため、
根元や、中心部分を乾かしているときに受ける風でも
少しずつ乾いていきます。

毛先を最初に乾かし始めると、
必要以上に熱のダメージを受けてしまうので気をつけてくださいね。

3.
最後の仕上げ★

全体的に9割ほど乾いたら、最後の仕上げをします!

ドライヤーは髪から15センチほど離し、
頭頂部分から、毛先に向かって手グシで髪を整え、
なでるようにやさしく乾かします。

キューティクルは、
髪の根元から毛先に向かって重なっているので、

頭頂部から毛先に向かって風を当てると、
キューティクルを正しい方向に整えることができるのです。

最後に冷風を使うと、キューティクルがしっかり閉じ
さらにツヤ感アップ効果が期待できますので、
ぜひ試してみてくださいね★

この方法は髪がまとまり、ボリュームが抑えられてしまうので、
ボリュームが欲しい場合は頭部を乾かす時に左や右に髪を持っていきながら
頭皮を乾かすとボリュームアップができます。

いかがでしょうか?
「髪を乾かす」という毎日の習慣をちょっと変えるだけで、
簡単にツヤ髪を手に入れることができますよ♪

ぜひお試しくださいね!(*^v゜)⌒☆

原産国 : 日本
内容量 : 120ml
【ケラスターゼ】 NUソワンオレオリラックス 125ml【国内正規品】
原産国 : 日本
内容量 : 120ml


原産国:日本
内容量:120g
ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン 120g


【 洗い流さないトリートメント 】 オルナ オーガニック ヘアエッセンス 【 ティーツリー葉油の香り 】
『 天然植物オイル25種 ヘアオイル 』 ( 無添加*1 アウトバストリートメント
流さない さらさら ヘアケア 合成香料不使用 )80ml