AGEは老化物質

加齢にともない体内のAGEの量は増えていきます。

 

 

なぜAGEが増えるのでしょうか?

また、AGEが溜まるから老化するのでしょうか?
それとも老化をするからAGEが溜まるのでしょうか?

答えは

研究の結果AGEが老化を引き起こしていることが分かりました。

*AGEの研究の第一人者
久留米大学の山岸昌一教授

プロフィール
http://www2.ktarn.or.jp/~syamagishi/profile.html

 

AGEが作られる瞬間

AGEはどこから来て、どうして溜まるの?

溜まる原因は2つあります。

体外と体内です。

体外からくるAGEは加熱によって出来た食品です。
体内で作られるAGEは余った糖とタンパク質が体温によって温められ結びつきます。

体内で作られるAGEのほうが問題を引き起こします。

 


AGEで化石化

体はタンパク質でできています。
筋肉もコラーゲンも酵素もタンパク質からできています。
体の6割は水でできていますがタンパク質は約2割です。
水を除けば体はタンパク質でできているのです。

タンパク質が糖化すると、(変性)性質が変わって弾力性がなくなり
体中が「化石」のようになってしまいます。

 


もし血管が土管でできていたら

血管は柔軟性な組織です。血管が化石化し弾力性を失ったらどうなるでしょうか?

しなやかなボムホースはいくら曲げても破れることはありませんが
しなやかさのない管を力任せに曲げると割れてしまいます。
硬くなった血管は破裂しやすくなり、脳内で破裂すると脳卒中を起こします。
血管を硬くする原因の1つにAGEが関係しています。
AGEと動脈硬化は深く関連しています。

 

食後の血糖値の管理

AGEは健康に悪い影響を与えます。
ですがAGEの原因である「糖」が悪いわけではありません。
「糖」はエネルギーの源です。問題は血糖値です。
なので、食後の血糖値を管理することが大事です。
「ドカ食い」
「早食い」
「大食い」
は血糖値を急激に高めるので注意してください。

 

AGE値を測るる方法

AGEを測る方法は4つあります。
血液検査・尿検査・生検・蛍光測定です。

蛍光測定は、光で測ります。注射や生検のように体を傷つけずに、肌に傷を付けない事を
「非侵襲性」と呼び血液検査などは採血するのに専門家の知識が必要ですが、
非侵襲性はの検査は簡単にできます。

発展途上国や医療機関の発達していない地域では、非侵襲性検査でしか検査ができないことが
あります。この技術は世界中で広まっていくと予想されています。

 

AGEを非侵襲性検査で使用するスキャナー

蛍光ぺんをブラックライトで照らすと光ります。蛍光ペンには「蛍光物質」が含まれているからです。
AGEは蛍光物質なのでブラックライトを照らすと光るのです。

以前TVでAGE測定器をつかってAGEの解説している番組がありました。
山岸昌一教授が出演されています。
「夢の扉」https://youtu.be/WnOPV0lBu00

 

隠れ糖尿病とAGE

健康診断で空腹時の血糖値やヘモグロビンAlcで東洋病を診断します。
健康診断では診断されない「隠れ糖尿病」があります。

隠れ糖尿病の売胃は食後、ユックリと血糖値が上がるからです。
糖尿病は食べ過ぎや運動不足が主な原因ですが体質もあります。

健康的に生活を送っているにも関わらずAGE値が高い方は、体質からくる「隠れ糖尿病」かも
食後、急激に血糖値が上がるとことでAGE値が高くなるのです。

 

健康状態を客観的に知る

「健康的で生活をしているので、十分健康だと思います」といってAGEを測定すると
年相応の結果が。。。
「もっと若いはずなのに!」と思いますが、ライフスタイルを見直し改善することができます。

食後にすぐに寝てしまう。
お酒を飲みながら食事をだらだらとしている

など、生活の習慣を見直し何を改善したらよいのか明確になります。

 

AGE測定場所

東京女子医科大学病院
http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/tmc/age.html

ファンケル銀座スクエアー
http://www.fancl.jp/ginza-square/index.html

AGE測定推進協会
http://www.age-sokutei.jp/measure/

いかがでしょうか?

AGEを溜めないように検査して
生活習慣を一度見直して見るのもいいですね。

大学病院などは検査費が10000円~20000円ぐらいの様です。

ファンケルは500円ぐらいです。

AGE測定推進協会で紹介している所は無料です。

では、次回もお楽しみに(^○^)