みなさんは、
日頃「缶詰」を利用していますか?

缶詰は、保存食や非常食のイメージだったり
新鮮ではないと思っていませんか?

私も以前は余り利用していない一人でいたが。。。
知れば知るほど、恐るべし缶詰!!

栄養も豊富で、あと一品欲しいときにも役たつ缶詰!!

今回はそんな缶詰についてお話しします。

生よりも栄養豊富?優秀な缶詰

缶詰は元々原料の味や香りをこわさないようにスピーディーに
加工されます。

原料 → 調理 → 詰込 → 注液 → 脱気 → 密封 → 殺菌 → 冷却 → 打検・荷造り → 製品
缶詰は、一般にこのような工程によって作られます。

製造過程の中に、密閉や加熱殺菌があるため、
保存料は必要なく、ほとんどの缶詰には使われていません。

また、栄養価が低いというイメージがあるかもしれませんが、
実は生で食べるよりも栄養価が高いものもあります。

では生よりも栄養豊富な缶詰にはどのような種類があるのか
簡単にご紹介します。

トマト

代表的な野菜の缶詰といえばトマト。
トマトに含まれる酸化防止成分のリコピンは
悪玉コレステロールを蓄積しにくくする作用があります。

使用しているトマトにもよりますが缶詰のほうがこのリコピンが
多く含まれている場合があります。

生の果物は酸化して栄養価を損ねてしまうケースがありますが、
缶詰は中が真空状態のため酸化を抑えられます。

さらに桃の缶詰の場合、加工の際に果肉の細胞壁が壊れることで、
栄養が吸収されやすい状態になります。

また、抗酸化作用のあるビタミンEの含有量は
生よりも多く含まれています。

サバ

DHA(ドコサヘキサエン酸)、
EPA (エイコサペンタエン酸)が豊富で認知症予防や生活習慣病予防に最適。

DHAとEPAのどちらも調理方法や光、酸素によって
失われやすい成分ですが、缶詰は生のまま詰めたあとに加熱するため、
DHAとEPAを失わずに摂取することができるのです。

また、加圧してつくられているため骨までやわらかく、
丸ごと摂取することができます。
そのためカルシウムの補給にも役立ちます。

缶詰の保管のポイント

缶詰はご存じのとおり長期保存に向いていますが、
缶ならではの注意点もあります。

安全に、健康的に食べるためのポイントをご紹介します。

■15℃~25℃の室温で保管
暖房器具の近くなど温度変化の大きい場所や
直射日光の当たる場所は避け、大体15℃~25℃の室温で
保管するようにしましょう。

■水気がなく、風通しの良い場所で保管
缶詰の保管で気を付けたいのが缶の変形や変質。

缶が変質してしまうと密閉ができなくなり、中身がこぼれ出たり空気が入ったりして
中身が傷んでしまいます。

水気の心配がない、風通しの良い場所に保管しましょう。

■開封後の保管
開封後、中身が空気と触れることで微生物が入り、劣化しやすくなります。

また、缶は酸化がはじまるため、缶の種類によっては
内側から金属の一種であるスズが溶けだしてきます。

スズは微量であれば身体に入っても吸収されずに
そのまま体外へ排出されますので開封後早めにうつしかえれば
心配はいりませんが、

食べきれない場合は、他の容器にうつしてから
冷蔵庫に保管し、早めに食べきるようにしましょう。

缶詰を使ったおすすめレシピ

和食の達人 野崎洋光さんが紹介してくれた缶詰を使ったレシピをご紹介します。

【牛肉大和煮のハヤシライス】

牛肉の大和煮とホワイトソースの組み合わせで、じっくり煮込んだような
おいしいハヤシライスが作れます。

【材料】(2人分)

サラダ油 大さじ1
タマネギ(スライス) 1/2個
牛肉大和煮缶(160g)1缶
ホワイトソーズ缶 50g
ウスターソース 大さじ2
トマトケチャップ 大さじ1と1/2
ブロッコリー 4房
ご飯 2膳分
【作り方】

フライパンを熱しサラダ油を入れタマネギを炒める。
しんなりしてきたら牛肉大和煮を缶汁ごと加え、
ホワイトソース、ウスターソース、トマトケチャップを加えて煮る。
タマネギに火が通ったら出来上がり。
器にご飯を盛り、③をかけブロッコリーを添える。

※缶詰によって塩分が異なる事もあります。

【ホタテ缶の冷や汁】

ホタテの缶汁にはうまみがたっぷり!火も使わず、時短で、ダシがしっかり出た冷や汁が実現!

【材料】(4人分)

ホタテ缶(130g) 1缶
田舎味噌 50g
水 430ml
キュウリ(小口切りにし塩をもみをしてさっと水洗いをして水気をきる) 1本
トマト(湯むきをして1㎝角に切ったもの) 1 /2個
大葉(はさみで千切り) 4枚
木綿豆腐 150g
白いりごま 大さじ2
【作り方】

ボウルにホタテの缶汁を入れて身はほぐしておく。
ボウルにみそを入れ水で少しずつのばしながら入れていき、豆腐を一口大に手でちぎりながら加え、他の材料全て入れて出来上がり。
ご飯にかけていただく。

【サバ水煮缶の天ぷら】

サバの身にはすでに火が通っているので、あげる時間が半分以下に短縮!極上の食感です!

【材料】(4人分)

サバの水煮缶 1缶
海苔(1㎝幅×長さ10㎝) 12枚
大葉(半分に切る) 6枚
小麦粉 適量
揚げ油 適量
〈衣の材料〉

水 150ml
小麦粉 70g
卵黄 1/2個
【作り方】

サバの水煮缶からサバを取り出し1口大に切る。
小麦粉をまぶし、大葉を巻き、海苔を巻いてとめ、天ぷらの衣をつけて170°の油で揚げる。

※サバの水煮缶によって塩分が異なりますので、足りない場合は塩を振ってください。

缶詰の食べごろ

缶詰は寝かせることで味わいが変化するって知っていました?長期間の保存の間に、
調味液が食材にじっくり染みこんでいくことによって、
味わいが変わります。缶詰業界では「缶熟」と呼ばれています。

※個人的なおすすめです。またメーカーなどによっても異なります。
※賞味期限は「おいしく食べられる期間」を指しています。
賞味期限を過ぎていない缶詰をおすすめします。

●果物系(主にシロップに使っているもの)・・・製造から半年ほどからのものが、
シロップが食材に十分にしみ込むでのおすすめ。

●野菜・穀物・豆 系 (主に水煮)・・・野菜や豆などの缶詰は水につかっていることが多く、
シャキッとした食感を楽しみたい場合は
製造から早いほうがおすすめ。

※水につかっていない「ドライパック」などは、この例には当てはまりません

●オイル系(肉・魚)、みそ・しょうゆ系(肉・魚)・・・ツナ缶などのオイル漬けの缶詰や、
みそ煮やしょうゆ煮などの缶詰は、十分に缶熟させたものがおすすめ。

いかがでしたか?
紹介した缶詰はほんの一部です。

缶詰の種類は非常に多く普段あまり缶詰を買わない方は
意識して見てみるとその豊富さに驚くかもしれませんね。

そのままでも食べられる手軽さもありますので、
ぜひ日常の食事に缶詰を活用してみてはいかがでしょうか。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治屋 牛肉大和煮 90g
価格:371円(税込、送料別) (2018/3/21時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ほたて缶詰貝柱ほぐしみ10缶セット【楽ギフ_包装】
価格:3300円(税込、送料別) (2018/3/21時点)