脚がかゆくて眠れない?

みなさんは
むずむず脚症候群という病気を
ご存じですか?

その名のとおり
脚がむずむずする症状です。、
高齢になるほど患者が増えている病気です。

今回はそんなむずむず脚症候群について
お話しします。

どんな病気なの?

むずむず脚症候群

(レストレスレッグス症候群)は、
40代以降になると患者が増えはじめ、
男性よりも女性に多くみられます。

主に夕方から夜にかけて
脚の内側がかゆくなる、不快感が出る
といった症状が出る病気です。

原因

むずむず脚症候群の原因は
特発性(一次性)と、二次性の
2種類があります。

特発性のメカニズムは
まだ詳しく解明されていませんが、
・遺伝によるもの
・鉄不足
・脳内ホルモン(ドーパミン)の障害
などが影響していると考えられています。

二次性はなんらかの病気が
原因となっていることが多く、
・鉄欠乏性貧血
・腎不全(特に人工透析中の方)
・パーキンソン病
・脊髄疾患
・関節リウマチ
などによって引き起こされます。

症状

夕方から夜にかけて脚の不快な感覚
(痛い、かゆい、ちりちりするなど)が、
脚の表面ではなく、内側に起きます。

脚を動かしたり歩くことで
症状はなくなりますが、じっとしていると
また同じ症状があらわれます。

そのため、
眠るときも不快感が気になって
落ち着くことができず、
眠くてもなかなか寝られない
ということが起こるのです。

また、
むずむず脚症候群で悩んでいる方は、
無意識のうちに脚がピクピクと
周期的に動いてしまう
周期性四肢運動障害になることも多く、
さらに眠りづらくなってしまうことが
あります。

その結果、
夜に十分に睡眠がとれず、
日中に集中力が下がったり、
居眠りをしてしまうなど、
日常生活に影響が出る……
ということにつながります。

生活習慣の見直しで予防・改善をしよう

では、こちらでは簡単にできる
予防や改善方法についてご紹介します。

鉄分の補給

むずむず脚症候群の方の中には、
同時に鉄欠乏性貧血になっている方も
多いため、不足した鉄分を
補給してあげることも大切です。

 

鉄分を多く含む食品については
美肌にもミネラルが必要!?
この症状「貧血?」だった。
ご紹介していますので、
参考にしてみてくださいね。

軽い運動を日常的に行う

ウォーキングやストレッチなどの
軽い運動を取り入れることによって
症状が軽くなる場合もあります。

家の近くをお散歩したり、
通勤の際に歩く時間を増やすなど、
できる範囲で身体を動かす機会を
増やしてみましょう。

なお、むずむず脚症候群の原因が
特発性の場合、
命に関わることは考えにくいですが、
放置すると
症状が悪化してしまう場合もあるので
注意が必要です。

二次性の場合には
原因となっている病気を治療することで、
症状が軽くなることもあります。

気になる症状がある場合には
お医者さんに相談するようにしましょう。

脚のむずむずで眠りづらい、
今の状況が心配、という場合は、
心療内科や精神科、神経内科を
受診するのがいいでしょう。

いかがでしたか?
むずむず脚症候群は
なにかに集中していたり
夢中になっているときは、
症状があらわれにくいということも
わかっています。

夕方から夜にかけての時間帯は、
趣味などの時間を設けるのも
いいかもしれませんね。