春になると旬のものが沢山出てきますね。

旬のものは旬の間に美味しくいただきましょう。

春の山菜の健康効果

あなたは野菜と山菜の違いってしっていますか?

「えっ! 違いがあるの~?」と
思っているのでは。。。

どちらも食用の植物ですが、
山菜は野生植物で、
山や野に自生し、独特の風味や
特徴のあるものが多いです。

一方の野菜は栽培される過程で
多くが品種改良され、
収穫量も安定しているものをいいます。

大きな違いは栽培するかどうかですが、
多くの山菜の特徴の苦みには
冬の間に溜まった身体の毒素を
排出する効果があると言われています。

春の山菜について
簡単にご紹介いたします。

フキノトウ(蕗の薹)

ほのかな苦味と
独特の香りが特徴ですが、
塩分排出に役立つカリウムと、

ポリフェノール類を豊富に含み、
高血圧予防や肝機能の強化、
健胃作用が期待できます。

タラの芽

4月~6月頃に旬を迎えるタラの芽。

苦み成分であるエラノサイドは、
糖の吸収を穏やかにしてくれるため
インスリンの上昇を抑える
効果があります。

インスリンはエネルギーとして
使いきれない糖を脂肪に変えて
蓄える働きがあるため、
インスリンの上昇を抑えることで
太りにくい身体に近づくことができます。

またβ-カロテンも含むので、
風邪や花粉症予防も期待できます。

ワラビ

日当たりの良い場所に自生するワラビ。
ワラビの豊富なビタミンB2は、
三大栄養素の代謝促進効果があり、
脂肪分解の働きをサポートします。

またワラビに含まれる
不溶性食物繊維は
糖の吸収を穏やかにするので、
血糖値が気になる方にもオススメです。

ゼンマイ

ワラビによく似ているゼンマイですが、
ワラビと違って
水気が多い場所に自生します。

胃粘膜の保護に有効とされる葉酸や、
免疫力を強化する
β-カロテンを豊富に含むので、
生活習慣病や風邪、
貧血予防が期待できます。

うど

5月頃に旬を迎えるうど。
抗酸化性をもつクロロゲン酸や、
抵抗力を維持するアスパラギン酸が
含まれているので、
疲労回復や美容に効果的です。

アク抜きの必要性

旬の山菜は楽しみですが
山菜を調理する際は、
種類によってアク抜きを
忘れずにするようにしましょう。

すべての山菜に必要というわけでは
ありませんが、
フキノトウ、ゼンマイ、ワラビなどは毒性もあるため
アク抜きが必要です。

アク抜きをしないと
渋みや苦み成分が多く、
食べにくいのはもちろんのこと、
毒性が抜けないためアレルギーのような
症状が出る場合もあります。

忘れずに処理をしてから
調理するようにしてくださいね。

春の山菜といっても、
その特徴や栄養価は様々です。

旬の恵みには、その季節に
必要ともいえる栄養が
豊富に含まれていますので、
ぜひ興味のある方は
食べてみてくださいね。

 

 

地元の山菜採り名人が実際に山に入って山菜を採ってくる、正真正銘天然の山菜を
季節限定のセットにしました!

【予約販売:5月中旬以降発送】【送料無料】雪国新潟の天然の山で収穫した「新潟産 天然山菜セット 1.5kg」

 

 

日本人なら春の山菜!!
★太く柔らかく甘く香り高いのが自慢の
山菜 わらび
★天然有機土壌で育った安心安全食材 蕨

【天然 山菜】ワラビ(紫わらび・どじょう蕨)朝取り 1kg会津地方産 春の味覚 山の幸 採りたて山菜を産地直送