春の過ごし方

春は立春(2018年2月4日)から3ヶ月を言います。
春は自然界では付与の季節に眠っていた草木が目を出したり、花を咲かせたりします。

私たちも自然界の一部として生活していますので例外なく季節の影響を受けます。
冬の季節に固まっていた身体が春風を感じ、動かしやすくなります。
春は身体が動かしやすくなるだけでなく、精神活動も活発になります。

 

春は身体がうごかしやすくなるだけでなく、精神活動も活発になります。
そのうえ精神の興奮状態を起こしやすくなる季節でもあります。
言い換えるとストレスが体に影響しやすい季節と言えます。
精神の興奮状態が起きると消火器にも影響を与え、胃もたれ、胃痛、食欲不振や食べ物の
過剰摂取等も起こることがあります。

春は肝の季節

東洋医学では春は肝が活発に動く季節と言われています。

東洋医学での肝の役割

新陳代謝を上げ、気(エネルギー)の血の流れをスムーズに行うように働きます。
気の流れを整えるので自律神経のバランスを整えます。
安静時は血を肝に蓄えて、活動時に全身に血を送るように働きます。

春の季節の不調は2タイプに分けられる

気が停滞するタイプ

春はストレスを受けやすいため、ストレスで精神活動に影響が及ぶと、途端に気の流れが停滞します。
お腹が張る・ガスが溜まる・肩こりが強くなる・のぼせ・頭痛・イライラしやすい
生理痛・気分が落ち込む等の様々な症状がでてきます。
元々そういった症状がある場合は、春の季節は症状が強く出ます。

血が不足するタイプ

春は木と共に血の巡りもよくなります。
新陳代謝が上がっていますので、貧血があったり、貧血気味であってり、身体を動かし過ぎたりすると
血の消耗が起こり、血の不足を起こします。
目が疲れやすくなる・痺れ・筋肉が突っ張る感じ・生理が遅れる・不眠・貧血症状等の
様々な症状が出たりします。
元々貧血だったり、献血を断られたりしたことがある方は要注意です。

*血不足くの改善の方法などはこちら

https://sawada-hiroko.com/ajdu

気の流れ・血の充実度チェック

気の流れ度チェック
①寝つきが悪い(1時間以上)       3点
②イライラしやすい             3点
③良くため息をつく             3点
④片頭痛が良く起きる            3点
⑤下痢と便秘を交互に繰り返す         3点
⑥喉に何かが詰まったような不快感がある 3点
⑦不安や憂鬱がある           5点
⑧お腹が張りやすい           5点
⑨生理周期が不安定           5点
⑩両脇のあたりが突っ張る(男性)       5点
⑪ゲップやガスが多い          3点

血の充実度チェック
①動悸がする              2点
②よく物忘れをする           2点
③抜け毛が多い、白髪が多い       3点
④かすみ目、疲れ目がある        3点
⑤皮膚がカサカサしてツヤが無い     3点
⑥爪が白っぽく薄くて割れやすい     3点
⑦顔色が白く、ツヤがない        5点
⑧めまい、立ちくらみがする       5点
⑨手足が痺れる、足がつりやすい     5点
⑩舌の色が淡く、縁が光ることがある   5点

見方

各項目の合計点数 アドバイス
5~9点 体質の要素をもっていますが、注意していれば大丈夫です。
必要に応じて体質改善をしましょう、
10~19点 放っておくと体質の症状が進みます。
体質改善を始めましょう。
20~29点 該当する体質といえます。
真剣に取り組んでいきましょう。
30点以上 体の不調に悩まされていると思います。
自宅でケアに加え、治療も必要です。

いかがでしたでしょうか?
自分の身体のことが理解できましたか?
点数が良かった方は油断せずに引き続き体調管理を行って下さいね。
点数が悪かった方は落ち込むことはありません。
改善方法もご紹介していきますから安心してください。

気(エネルギー)低下不足のとは

気について

すべてのものは気でできている
古代中国の哲学では、宇宙に存在するすべてのものは気でつくられていると考えられています。
気というものは常に動いており、形を変え続けています。
人の身体のなかでも同じことが起こっていて、気の変化のバランスがひとの健康状態を左右しています。

気のバランス

健康を左右するこの気のバランスという意味では、2つの要素があります。

1つめは気の量、つまり過不足がないこと。特に問題になるのは不足です。
気が不足すると“元気がない”とか“やる気がでない”とか“根気がつづかない”など気分への影響もでたり、“冷え症”とか“不妊”とか“病気にかかりやすい”という症状にもつながったりします。

2つめ流れ、停滞しないで流れているということ。気の流れが悪くなると、ろいろな問題が起こります。東洋医学的には“鬱”なども、ほとんどはこの気の流れの停滞が原因になっていると言われています。

じつは“精”が重要!
からだは気血水でできています、この気血水のもとになるものが“精”です。

精ってなに?

精とは、からだのいろいろな組織や器官に栄養をあたえ、気や血をつくり、精神(東洋医学ではこれを“神”とよぶ)をコントロールしているとても大切なものです。つまり、すべての生命活動のエネルギー源といっています。

精と気血水の関係

ひとは生まれるときに“父の精”“母の精”が合体してできる。これが“先天の精”で腎という臓にしまわれて生まれてきます。
この先天の精は“原気(元気)”という気になり、生命力の源になります。
ちなみにこの原気は臍下の”丹田”というところに蓄えられます。

食べ物(これを“水穀”という)を食べると、ここから“水穀の精微”といういわばエッセンスのようなものをとりだし、これが水と“後天の精”になる。後天の精はさらに“営気(エイキ)”“衛気(エキ)”とになります。営気はからだの栄養分、衛気は邪気からからだをまもる気になります。

ひとは空気(自然界の清気)からも気をつくりだす。それが“宗気”です。

血は先ほどの営気と水から作られます。

東洋医学は病気にならないための養生を大切にしている医学です、
良い食べ物を適度な量、正しい方法でとるのが体にイイというのが食養生。
良い空気を正しく呼吸するのがよいという呼吸法と、
性欲も節度をもっておこなうということを含めて、東洋医学の代表的な養生法だといえます。

 

血と水

血はからだに栄養分を送っています。からだを潤す作用もあり。流れている場所は血脈といいます。

水も同様。身体の中の血以外の水分のことです。
血と水は身体の中の液体成分として共通したとらえ方もされています。
専門的には水は“津液”といいます。“津”はサラサラした水で、“液”はネバネバした水のことです。

気ってなに?

ここでは「気のはたらき」と「気の種類」について簡単に説明します。

気のはたらき

気のはたらきには5種類あります。

❶活力をあたえ動かす。からだに活力を与え、成長・発育をうながし、血・水、臓器などを動かす。

❷温める。からだを温め、そのことによってはたらきがスムーズになる。

❸守る。外邪(外からからだを襲う邪気のこと)がからだに侵入することからからだを守る。

❹漏らさない。血や水などがやたらに流出するのを防ぐ。

❺つくる。からだに必要な気・血・水・精などをつくる。

気の種類

気には代表的なものが4種類あります。

❶原気(元気)(ゲンキ)生命活動の原動力となる根本の気。成長や発育、老化などにかかわる。

❷宗気(ソウキ)飲食物と呼吸によって得られ、呼吸や発声、血の運行などとかかわる。

❸営気(エイキ)飲食物からつくられ、栄養分をからだに運ぶ。

❹衛気(エキ)外邪の侵入を防ぎ、全身を温め、発汗をコントロールする。

気の不調をセルフチェック!

“気に関する不調”について

東洋医学でからだを診るときの基準のひとつに“虚”と“実”というのがあります。

・虚=(からだに必要なものの)不足 or 機能低下
からだに足りないものがあれば、不調になる。
例えば血が足りなければ貧血になります。ただ、なにが足りないかというと、
“からだに必要なもの”が足りないということになります。精、気などです。

虚にはこれ以外にも含まれる状態があります。
それは機能低下です。働きが低下すること。例えば心臓の機能が低下すれば息切れがします。

・実=(からだに余分なものの)有余 or 停滞
実は虚の反対で不足の反対は有余でですが、実というのは“からだに必要ないもの”がある状態のことです。
例えば風邪。ふつうこれを「かぜ」と読みますが、東洋医学では風の邪気のことで「ふうじゃ」と読みます。
身体の外から入ってきて悪さをする邪気である。悪さをするものが侵入している状態が実である。

それ以外には生理物質の停滞。つまり気・血・水の流れが悪い状態も実に含まれます。

気の不足=気虚

気虚とは?

気が不足した状態を“気虚”といいます。
これは、気をつくれなくなったり気が消耗したりした結果おこる状態です。
原因としては栄養不足、過労、大病、長患いなど。

気虚の症状

気虚になるとこれらのはたらきが低下します。具体的な症状としては、次のようなものがあります。

このような症状のある方は“気虚”の可能性が高いので、からだを休ませて気を回復させてください。

・からだがだるい  ・疲れやすい   ・からだに力がはいらない

・めまい       ・息切れ      ・風邪をひきやすい

・慢性の下痢    ・汗がでやすい(暑さや運動にかかわらずジワっとかく汗)

気の停滞=気滞

気滞・気逆とは?

気が停滞した状態を“気滞”といいます。
軽度なものは“気鬱”といい。さらに気が上にあがってしまって降りなくなった状態を“気逆”といいます。

原因としては過度な感情の変化や邪気、ストレスなどがあります。
気の流れは常に停滞するというわけではないので、症状がでたり治ったりを繰り返すという特徴ももっています。

気滞の症状腰痛

気は空気でもあるので、気滞になると空気の停滞がおこって胸や腹が張ったりすることが多いです。
具体的な症状としては次のようなものがあります。

このような症状がある方は”気滞“の可能性が高いので、ストレスを減らし、軽度の運動を心がけ、
香りのよい食材を取るようにするとよいです。気が停滞すると次の段階として血の停滞がおこりやすくなるので早めの対応が大事です。。

・お腹や胸が張る(生理のときなど)  ・腹部の膨満感がある    ・頭痛がする

・精神的に抑鬱感がある         ・イライラしやすい      ・怒りっぽい

・ゲップ・しゃっくり・ため息などがよくでる(でると楽になる)

気(エネルギー)循環不足の方にお勧め食材

レバー


血を造る作用も強く、必要な血を補ってくれます。気(エネルギー)の流れを良くして視力の低下や
貧血を防止します。

あさり・シジミ


解毒作用があり肝臓の調子を整えます。特にしじみがおススメです。
余分な水分を利尿して体内の熱を冷まします。

いか


血を造る作用や血流を良くする作用があり冷えや肩こりに効果的です。

かんきつ類


グレープフルーツ・ミカン等、ビタミン・ミネラルが豊富で抗酸化作用があります。
かんきつ類は肝臓の機能を高め気(エネルギー)の巡りを良くする働きあり
リラックス効果があります。

苦うり


ビタミンや多種のアミノ酸を含みます。苦味成分に解熱・解毒・排毒作用があり
、血圧の高い人におススメです。

香野菜


セロリ・三つ葉・春菊等、香り成分に気(エネルギー)の流れを良くする働きがあります。
セロリの葉には血圧を下げる作用があります。

梅干


りんご酸、クエン酸などを含み肝臓の機能を高めます。
整腸作用もあり消化機能を高め食欲も増進させます。殺菌効果も高いです。

クコの実


クコの果実を乾燥させたもので、伝統的な滋養強壮薬です。
肝臓と腎臓の機能を高めます。視力回復や血圧を下げるのに効果的です。

陳皮


塾したミカンの皮を乾燥させたもので、新陳代謝を高めます。
腸内のガスを排出し食欲不振や胃もたれに効果的です。

その他おススメ食材

ウズラの卵・牡蠣・たこ・せり・シソ・パセリ・金針菜・くちなし・ミント
黒ごま・ユリ根・レモン・パパイヤ・ぶどう・きんかん・柿・黒酢・くず粉等
発芽米・ジャスミン茶・バラ茶・ラベンダー茶  参考:世界文化社 東洋医学で食養生


ハーブティー オーガニック お試しセット (リラックス) ×5袋

 

 

ワンポイントアドバイス

朝起きたときに窓を開けて10回大きく深呼吸をしましょう。

かんきつ系やラベンダーのアロマをたくのをおススメします。


NAGOMI AROMA エッセンシャルオイル お試しセット【AEAJ認定精油】 (スターター)

 

血不足の情報はこちらです。
「血」のお話・血不足とは?改善する方法