あなたは
ミッドライフクライシスをご存じですか?
これは男女問わず
中年期を迎える方に多く訪れる、
心理的葛藤のことをいいます。

人生の転換期!ミッドライフクライシスとは?

ミッドライフクライシスは、
中年期に訪れる思春期
のようなものであり、
思秋期(ししゅうき)ともいわれています。

中年期に入る40代前後になると、
人は誰もが10代や20代の頃と比べて
精神的にも肉体的にも衰えてきます。

それにより、
「これからどうなるんだろう」と、
これからの自分の人生に迷ったり、
不安やむなしさといったことを
感じるようになることがあります。

また、「これで良かったんだろうか」
「もっとこうしていたら」など、
過去の出来事に落ち込むことが増える、
ということもあります。

こういった葛藤に悩む時期のことを、
ミッドライフクライシスといいます。

ミッドライフクライシスはどうしたらいいの?

ミッドライフクライシスは
今まで考えないようにしていた
自分の気持ちを見直す良い機会です。

しかし、
自暴自棄になってしまいやすい
時期でもあるため、
大胆な行動に出る場合があります。

 

男性に多いのが、急にジムに通いはじめて体を鍛える、
若い女性との不倫や遊び相手を探す、といった行動です。

男性としての「誇り」や「権威」を持ち続けたい、
という欲求が仕事やプライベートで満足ができない場合、
簡単な方法として性的なものに走りやすくなります。
もともと性に対して積極的でなかった人が「セックス依存症」になったり、
キャバクラや風俗通いを始めたりするのは、性的なものを満たすことで、
自分の男性性を確認しようとしているのです。

特に既婚男性は、家庭や結婚生活の責任や縛りから解き放たれたい、
独身男性のように自由を謳歌したい、という反動的な衝動にかられるようになり、
それが女性遊びにつながりやすくなります。

また、この症状は性的な行動ばかりではありません。
「自分は大丈夫」と思っていても、実際にはかなりの人が
「ミッドライフ・クライシス」状態だといいます。

・アンチエイジングに興味をもつ、髪型を頻繁に変える
・転職や起業、独立を考えている
・新しいスポーツや珍しい競技をはじめる
・海外に滞在したいと考える
・最新のガジェットを常に追いかける
・同窓会や社会人サークルを主催するようになった
・Facebook、Twitterを始めた

最近の女性の場合は仕事、結婚、子供…より多くの選択肢があるぶん
「自分らしい人生とは何か」という落とし穴にはまっている人は多くいます。

キャリアを選択した人は、結婚や出産を重視しなかった自分に疑問を抱き、
逆に家庭を選択した人は「仕事」を選ばなかった自分に葛藤します。

一般的に女性は「関係性」を重視するため、仕事や子育てなど、
個人の目標達成だけでは満たされません。
特に女性は「出産のタイムリミット」が存在するため、
40代が近づくと「子供を持つラストチャンス」に直面します。

子供を持つか、持たないか。あるいは、もう一人産むか、産まないか、
キャリアや家計との折り合いをどうつけるか大きな選択肢に悩まされることになります。

子供を持っていたとしても、その成長に伴って子供の思春期や進学、
就職などの悩みがつきものです。
「子供を一人前に育てよう」とするあまり、逆に子供に干渉しすぎたり、
子離れができなかったりしてしまいます。

女性は、あらゆる方面で適切に「自分と向き合う」姿勢が必要となるのです。

ではミッドライフクライシスになったときは
どうしたらいいのでしょうか?
こちらで簡単にご紹介します。

リフレッシュする

基本的なことですが、
適度に息抜きや
ストレス発散をするようにしましょう。

ミッドライフクライシスは
「行き詰まった状態」ですので、
その緊張状態から
自分を解放してあげることが大切です。

いつもの生活に新鮮さをプラスする

食卓に花を飾る、
朝食後にティータイムの時間を設ける、
近所を散歩してみる、など
なんでもOKです。

少しの新鮮さを
生活にプラスすることによって、
いつもと同じ毎日でも彩が生まれます。
次第に、「自分の人生も悪くないな」と、
肯定できるきっかけにもなるはずです。

他人と比較することをやめる

不安定な気持ちの場合、
他人と比較しがちですが、
ありのままの自分を
受け止めてあげるようにしましょう。

小さなことでも
自分を褒める習慣をつけたり、

ネガティブな言葉ではなく、
「嬉しい」「楽しい」など
ポジティブな言葉を使うようにすることで、
不安な気持ちを
やわらげることができます。

また、そうすることで
客観的に自分を見る余裕が生まれます。

最後に、注意点として
家を売る、仕事を辞めるなど、
不安定な気持ちのときに
大きな選択をすることは
避けるようにしましょう。

できるだけ大事な判断は
見送るようにすると安全です。

いかがでしたか?
ミッドライフクライシスは
誰でも訪れる可能性があります。

しかし、自分を見つめ直すことで、
美容に気を付けたり、
運動を始めたことで健康になったり、
積極的に新しいことに挑戦するなど、
ポジティブに働くこともあります。

マイナスなことばかりではありませんので、
この気持ちはそうかも?と思ったときは
自分の良いところを思い出しながら
その気持ちと
向き合うようにしていきましょう。