目を守るガードマン

「体毛」がなぜ必要なのか考えたことはありますか?

体毛は、
体温維持や感覚器官としての機能、
そして、身体の弱い部位を保護するといった、
様々な役割を果たしています。

そんな体毛の中でも、
眼球を守っているのが「まつ毛」です。

今回は、まつ毛の役割や、
健康的なイキイキと下まつ毛を保つ方法についてご紹介します。

まつ毛の3つの働き

まつ毛には、大きく分けて3つの役割があります。

汗の侵入を防ぐ!

汗そのものの成分や、皮脂や汚れは
眼球にとって良くありません。

まつ毛は汗が眼球に入り込まないように防ぎ、
傷や眼病を予防します。

日差しから守る!

眼球に紫外線が入ると、目の老化が進んだり、
角膜炎や白内障などの眼病になってしまうことも。

まつ毛は強い日差しが
目に直接入ってこないように
「日よけ」の役目をしています。

“まばたき”のスイッチ!

まつ毛の毛根周辺には、
敏感な知覚神経が集まっています。

空気中のチリやゴミ等の異物がまつ毛に触れると
「睫毛反射(しょうもうはんしゃ)」と呼ばれる反射が起こり、
“まばたき”をする仕組みになっています。

このように、まつ毛には、
眼球を様々なダメージから
保護する重要な役割があります。

つまり、健康的なまつ毛が健康的な眼球を保つのです。

ここから紹介する方法を意識して
イキイキとしたまつ毛で過ごしていきましょう!

まつ毛の健康を守ろう!

生活習慣でやってはいけないこと

まず基本として、
十分な睡眠と栄養を取りましょう。

まつ毛の生まれ変わりや
成長を促す成長ホルモンは
睡眠中に分泌され、活性化します。

また、まつ毛に負荷をかけないように
注意することも重要です。

スポンサードリンク
スポンサーリンク
うつぶせで寝たり目をこする
という行為は、髪の毛に比べて
毛根が弱いまつ毛にとって
大きなダメージになっています。洗顔後にタオルで水気を拭き取る際も
ゴシゴシとこするのではなく、
やさしく押さえるように拭いてください。

メイク前後のやてはいけないこと

アイメイク落としす際に
思わずゴシゴシとこすりがちですが、
まつ毛が抜ける原因になってしまいます。

 

まつ毛に負担を与えないよう
アイメイク専用の
ポイントリムーバーを使用すると
負荷を極力減らすことができます。

 

また、まつ毛エクステや、まつ毛パーマは
一時的にまつ毛のボリュームをアップできますが、

地肌や地まつ毛、毛根に負荷がかかっています。

 

その他、ビューラーを使用するときも
力任せはNGです!

根元、真ん中、先の3段階に分け
順番に、カールをかけると、
加わるダメージが少なくなります。

 

また、ビューラーのゴムは
こまめに新しいものに付け替えたり、
使用後は汚れを拭き落とすなどして、
清潔な状態を保ちましょう。

 

いつも私たちの
眼球の健康を守ってくれているまつ毛。
まつ毛をいたわって、イキイキとした
目元を保っていきましょう!


まつ毛美容液 スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム

 

<目元とまつ毛のご褒美> (amazon専用 商品説明書・パンフレット付) アイクリーム・まつ毛美容液 15g

次回は私が使用している「目元のケア」をご紹介しますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA