初夏の日差しを受けて、キラキラと輝く新緑が美しい季節。とはいえ、
私たち女性にとって大敵ともいえる紫外線!
紫外線の量も多くなって(>_<)

日焼け止めなどによる紫外線対策の大切さはよく知られるようになってきましたが、
つい油断してしまいがちな体の部位などをご存じでしょうか。
今回は、そうした“覚えておきたい”紫外線対策のポイントをご紹介しましょう。

「紫外線のA波とB波の違いとは?」

まず知っておきたいのが、太陽から地球に降り注ぐ紫外線のA波(UVA)とB波(UVB)の違い。
波長の長いA波は紫外線のおよそ9割を占めるといわれ、
雲や窓ガラスも通り抜けて、肌の奥にある真皮にまで届きます。
このA波はシミやシワ、たるみといった、いわゆる“光老化”の原因になるとともに、
肌を黒くする作用があります。
B波は、表皮の日焼けや、肌が赤くなったりする炎症を引き起こします。
このB波もシミやソバカスの原因となります。

A波もB波も美容にとっては大敵ですが、特にA波は、
長年浴び続けてきた結果が年齢とともにシミやシワなどになって表に出やすい
といわれています。
日差しが強くなってから、というよりも、一年を通じての紫外線対策が重要です。


波長の異なる、A波(UVA)とB波(UVB)。A波は真皮の部分まで届きます。

※図はイメージです。

「“うっかり日焼け”を防ぎましょう」

紫外線対策の基本ともいえる、日焼け止め。
顔の中でも目のまわりや頬骨などに重ね塗りするなど、
気をつけている方も多いと思いますが、意外に忘れがちなのが、デコルテ(首から胸元)や首の後ろ

これらの部分は、日差しの入る角度によっては
頬のあたりよりも紫外線の当たる量が多くなることがあるといいます。
同様に、足首や足の甲も忘れがちな部分。
首まわりや足元にも日焼け止めのケアを忘れないようにしましょう。

そして、目に入る紫外線への対策も大切です。
長年、目に紫外線を浴び続けることで、白内障のリスクが高まるといわれています。
サングラスをかけることをおすすめしますが、黒い色のサングラスの場合、
多くの光を取り入れようとして瞳孔が開きやすくなり、目の負担になることも。
紫外線(UV)のカット効果が高く、かつ色が薄めのものを選ぶとよいでしょう。

 

 

さらに、髪や頭頂部の紫外線対策もお忘れなく。
特に直射日光を真上から受けると、髪や頭皮の傷みの原因となり、
薄毛や抜け毛を招きやすくなるといわれています。外出時は帽子をかぶる、
日傘を差すなど、頭部の紫外線ケアを心がけましょう。

意外に忘れがちな、首まわりの紫外線ケア。気をつけたいですね。

 

そして最後に、紫外線のA波は窓ガラスを通り抜けやすいということも覚えておきましょう。
5月の日差しが入る窓辺はとても心地よいですが、
たとえ室内でも日光の当たる場所では日焼け止めのケアが肝心です。
しっかり紫外線対策をして、太陽の下で気持ちのいい季節を思う存分楽しんでくださいね。

おススメ飲む日焼け止めサプリ